Macで外付けSSDや外付けHDDをフォーマット(初期化)する方法とパーティション分割方法

動画や写真、バックアップで外付けHDDがいっぱいになってしまいました。
ということで新たに外付けHDDを購入しました。

購入した外付けハードディスクはフォーマットしてから使用するのが基本。
長らくフォーマットの作業をしていないので忘れてしまいました。

今回は備忘録ということで外付けSSD、外付けHDDをフォーマット方法の紹介します。

ディスクユーティリティの使い方

外付けHDDをフォーマットするにはディスクユーティリティを使用します。

ディスクユーティリティを立ち上げる

Launchpad の 「その他」から「ディスクユーティリティ」を立ち上げます。

ディスクユーティリティー

こちらがディスクユーティリティの画面です。

ディスクユーティリティ

現在のフォーマットを確認する

フォーマットしたいSSDやHDDがどの方式でフォーマットされているか確認します。

サイドバーから、知りたいボリュームを選択。
四角で囲まれた部分を見ると、現在のフォーマットがわかります。

フォーマットの種類

フォーマット、方式について

フォーマットの種類や方式は、色々とあって厄介なので、一覧でまとめました。

フォーマットの種類について

フォーマットの種類は以下の通り。

  • APFS:Apple File System の略。
    Mac OS拡張フォーマット(HFS+)の根本的な問題解決が目的。
    macOS High Sierra から導入された。
    ただmacOS High Sierraより前のOSでは使えないみたいなので注意。
  • APFS(暗号化): APFS の使う時にパスワードが要求されるようになるバージョン。
    macOS High Sierraを使っていて SSD を持ち運びたい人におすすめ。
  • APFS(大文字/小文字を区別):OSを入れるSSDやHDDで大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • APFS(大文字/小文字を区別、暗号化):上と同じで、OSを入れるSSDやHDDで大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • Mac OS拡張(ジャーナリング):macOS High Sierraより前のOSも使いたい場合、こちらのフォーマットにしておかないと、読み込めない。
    なのでmacOS High Sierraしか使わない場合、APFSにしてみるのもいいかも。
  • Mac OS拡張(ジャーナリング、暗号化):Mac OS拡張(ジャーナリング)の使う時にパスワードが要求されるようになるバージョン。
  • Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング):OSを入れるSSDやHDDで大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング、暗号化):上と同じで、OS を入れる SSDやHDDで大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • MS-DOS(FAT):WindowsでもMacでも使用したい人。
    4GB以上のファイルを扱うことができないので注意。
  • exFAT:WindowsでもMacでも使用したい人。
    MS-DOS(FAT)では4GB以上のファイルを扱うことができないので、WindowsでもMacでも使用したい人はこちらがおすすめ。

MacOS High Sierra以外の場合はMac OS拡張(ジャーナリング)かexFATにすれば無難です。
exFATはWindowsとの互換性があるのでおすすめかなと。

方式について

方式はこの三つ。
大抵の人は GUID パーティションマップ を選べばいいと思います。
Windows も使いたいなら マスター・ブート・レコード を選ぶと無難かもしれません。

  • GUID パーティションマップ:IntelベースのMacを使用している場合はこれ。
  • マスター・ブート・レコード:Windowsも使いたいならこれ。
    でも一応GUID パーティションマップでも Windows で読み取れる。(読み取れない場合も結構あるみたいなので注意。)
  • Apple パーティションマップ:PowerPCベースのMacを使用している場合これ。

exFATの場合はマスター・ブート・レコード、Mac OS拡張(ジャーナリング)を選択した場合はGUID パーティションマップを選択すればよいかなと思います。

外付け SSD や HDD をフォーマットする

それではフォーマットの手順を紹介します。

画像のように矢印部分を選択し、「消去」をクリック。

消去

フォーマットは「Mac OS拡張(ジャーナリング)」と「GUIDパーティションマップ」を選択。
フォーマットと方式を選択したあと、「消去」をクリックします。

フォーマット完了

問題なければ「消去プロセスを完了」と出ます。
完了をクリックして終了。

MacOS拡張 ジャーナリング

フォーマット方式も「MacOS拡張(ジャーナリング)」に変更されています。

複数パーティションの作成

複数パーティションとはひとつのHDD(またはSSD)を複数に分割する事(複数パーティションに分割)。
HDD(ハードディスク)はデータを長期保存しておく入れ物なので、その中身を仕分けしておくことでデータの整理整頓になります。

Macを使用している場合はTime Machene用に分けるユーザーも多いようですね。

ここではパーティション分割の方法について紹介します。

まずディスクユーティリティの「パーティション」をクリック。

パーティション分割

左下の「+」をクリックしてパーティションを追加します。
名前とフォーマット、サイズを決めて右下の「適用」をクリックします。

パーティション分割

バックアップ用に別パーティションを作成。
1TBあるので500GBずつに振り分けました。

問題なければ完了します。

パーティション分割

問題なければ左のサイドバーメニューに作成した複数パーティションが表示されます。

パーティション分割

まとめ

今回はMacで外付けSSDやHDDをフォーマット方法・手順と複数パーティション作成手順を紹介しました。
お役に立てば幸いです。